脱毛サロンでのvioの脱毛について

お洒落で可愛い水着を着たかったり、彼氏に剛毛なアンダーヘアを見せるのが恥ずかしいという場合に欠かせないのがデリケートゾーンの脱毛になってきます。
vioラインといったデリケートゾーンは、敏感な部分になっているので、脱毛サロンに行く前の自己処理で気を抜いて刺激を与えてしまうと肌が赤くなってしまったり、毛穴が炎症したりしてしまいます。
脱毛サロンに行く前のvioラインの自己処理を行う場合、まずはハサミを使ってムダ毛のカットをしていきます。
毛が長いまま電気シェーバーを使ってしまうと毛が絡まったり、肌への負担も大きくなってしまいます。
ハサミでムダ毛を短くカットした後に電気シェーバーでムダ毛を剃っていくことによってvioラインといったアンダーヘアが絡まることなく綺麗に剃れるようになります。
また、剃るときに注意することは、上から下に剃っていくということです。
毛の流れに合わせながら剃っていけば、肌への負担を最小限に抑えることが可能になっています。
脱毛サロンの場合、施術を行う前には必ず自分で脱毛する部位の自己処理を行うことになりますが、ムダ毛を残していたり、剃りすぎてしまって肌が炎症してしまっている場合には脱毛ができなくなってしまう可能性もあります。